̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ アーティストはオリジナル作品を作ること

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日頃はご愛読いただき誠にありがとうございます。

北川マキ子です。

 

日に日に春のひかりが美しい時期

みなさまにおかれましては、

アート活動をパワーアップさせたり

新しい表現やコンテンツにチャレンジされている頃と思います。

 

日本の梅雨前は本当に美しいですね。

澄みきった蒼い空や香る若葉・・・

わたしは、ロケーションに出逢える新緑や水辺へ向かう準備を終え、

あとは直感を信じて撮影を楽しむだけとなりました。

 

こうして写真表現に関する準備を進めていると、

ご協力いただけるみなさまや

ロケ先の自然の恵みが頂戴できるありがたさを感じます。

 

さて本題です。

今回のコラムは、わたしの講座

「アーティストブランディング」の中でご質問の多かった

「オリジナル作品を強化するために何を意識するのか?」について

とても大切な考え方について書こうと思います。

 

アーティストだけではなく常に自己表現が求められる現代。

もし、このページをお読みになるあなたが

 

・オジリナル商品を作っている

・アーティストとして活動している

・独自のサービスを開発し販売する

 

という方であれば、ぜひ今日のコラムを参考にしてください。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 意識するべきこととは?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

オリジナル作品を作る上で大切にしていること

それは、「五感インプット」です。

 

わたしたちが目指したいのは、

どこまでも自然で楽しむだけの表現活動ですから

そのために良質なセルフイメージを整えておく必要があります。

 

体感をゆるめリラックスしながら集中している状態で

流れるような時間の中、

アウトプットしたものがすべてコンテンツとして構築されている

という理想的なクリエイティヴワークを取り入れたいですね。

 

そのために、発信する立場でいる方の

オリジナルコンテンツを掘り下げ

良質な「五感インプット」を提案しています。

 

シンプルにいえば

独自の商品を作るときに

五感で意識し、体感で覚えさせるコツ。

 

コツさえわかれば体内の細胞がワサワサ動き出し

自然にアウトプットする流れが起こります。

 

特に、言語化を難しく感じている方が多く見られるのが

30代以降の女性アーティストたちです。

 

ですが、そんな感覚派で、文章に苦手意識がある人でも

自分を変えることなく制作ができる大好評のプログラムです。

 

「五感インプット」がお勧めな理由は

《どのような職種・商品・サービスであっても

まず提供者自身がより自分らしくなっていく

ここがポイントだからです。

 

無理なく自然に日常的に学ぶことができ

自己成長や変化しているプロセスが実感できること。

だからこそ続けられる。

 

日々楽しく感じられるので

気がつくと結果がついてきたり

その後もご自身のベースが整いやすくなり

ずっとブレないメンタルでいられる

 

 

ですから、講座内容は多少お時間をいただいています。

 

受講生のみなさまにも、良質なインプットには

その土台となる経費・労力・時間を省かないことをお願いしています。

 

無意識にしまいこんでいた

「向き合いたくない自分」に出逢うこともありますし

「とり繕っていた部分」

にも向き合うディープな時間でもあります。

 

そんな、ご自身にとって本当にたいせつなことを

丁寧に読み解きながらオリジナル商品を育てていくこと

これらが提供者として欠かせないマインドだと考えているからです。

 


では、先日わたしの自宅サロンで

講座にご参加くださったMさんからご感想を紹介させていただきます。

(掲載許可済みです)

・・・・ここから・・・・・

マキ子さま

先日は、私の写真コンテンツをご指導していただき

ありがとうございました。

以前から、マキ子さんの写真作品や本のファンだったので

実際にお会いできたことがとにかく嬉しかったです。

かわいい猫ちゃんも癒されました!

 

この講座を受ける中でズキンときた内容があります。

『実践をデリケートに意識する』

『細かなところまでイメージし積み重ねる』

『準備が9割 〜 理想のタスクを選定する』

この3つです。

結局、どちらも今の私に一番必要な行動だなと感じたからこそ

刺さったのだと思います。

 

私はフリーフォトグラファーとして

自分の活動をカタチにしたいとずっと考えてきました。

 

これやりたい!と浮かんでも

スタートダッシュばかり良くて

全然カタチにならずに悩んでいたのですが

 

自分が本当は何がしたくて

何がしたくないのか・・・?

したくないなんてわがままじゃないのか・・?

と鋭くイメージが出来ていなかったり

 

アート作品や現代美術など、良いものを吸収していると思っていても

そこから選別したり、本当の自分の理想を決めていない状態で

雑にアウトプットしていたのだと思います。

 

今の自分が何を求めどんなことをしたいか?

それを飽きることなく構築し熟させたところで

ふっと力を抜いて流れに乗ること・・

これを繰り返すことで「表現に必要な快適なタスク」が

細胞に染み込んでゆくのだなあと感じます。

 

なにがどう、しんどくて

自分のエネルギーを奪う努力なのか、も

ピンポイントでわかったのでスッキリしました。

 

写真表現という一生かかわって行きたい好きな仕事だからこそ

「私がこの内容を伝えるならこんな切り口にしたい!」

というアイデアがぽんぽん浮かんできてびっくりです。

 

五感を使いながら、自分にとってなにが価値があって

大切だと感じるのかを取り出す作業って

こんなにわくわくするんだな〜と初めてわかりました。

 

あと・・・(講座とは関係ありませんが)

ご自宅であるマンションの高層階から眺める景色も全体を俯瞰しているようで、

眼にも晴れやかでとても気持ちよかったです。

自分の「環境に投資する」、ってこのことかもしれませんね^^

 

私がやりたいと思っていることについて

「大丈夫!やりましょう」と

力強い笑顔をいただけたのもありがたかったです。

 

この春からは少しずつ、確実にヴィジョンの積み重ねをして

今までの表現をカタチにして行きたいと思います。

 

早速、個展の準備や、作品集も作ります。

またいつか、私だけのオリジナル表現のご報告ができたら嬉しいです。

 

・・・・・ここまで・・・・・・・・

 

Mさん、こちらこそクリエイティビティな時間をご一緒くださり

ありがとうございました。

 

とにもかくにも、作ることを

心から楽しんでいらっしゃるところを拝見するのは

新しいエネルギーに同調できて嬉しい限りです。

 

女性フリーフォトグラファーのようなポジションにいる方は

自分の感情がそのまま役に立ててビジネスになるってうれしい!

という純粋な悦びを多くの方にわかち合えたら

本当に素晴らしいことだと思います。

 

それには、日々無駄のなくシンプルに

五感でヴィジョンを描ききって実践・・・が一番早くカタチになります。

 

この、一連の「作る」というプロセスが

それぞれに生きるエネルギーになり

だからこそオリジナルとして具体化することの起動力になってくれるのです。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■五感でヴィジョンを描きるとは?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

具体的に言うと・・・

・どういう存在として生まれてきたのか?

・なにを美しいと感じているのか

・その大切なことや素質をどうしていきたいのか

 

それらを発見しながら自分の本質とのつながりを

取り戻していく時間なのだと思います。

 

「オリジナリティ」を現実化して、ビジネスや商品までにするというのは

ご自身の本質とから感じる「ヴィジョン」を表現しカタチにしていくことです。

 

その上で

  • スランプの時はどうしたらいいのか?
  • 選定と決定はどう違うの?
  • どうしたら自然に具現化できて持続するのか?

を徹底的にほぐしてゆきます。

 

ここは、最初はご自身だけでは手探りすぎて

難しく感じる部分かもしれません。

ですので、そのコーチングをわたしが担当しているのです。

 

本やネットのより集めた情報だけで時間が経ってしまうのはもうやめて・・

サクッとコーチングされてしまった方が早い!

と考えてつくられたプログラムです。

 

自分を客観視しながら進んでいくうちに

もう必要のないものをひとつひとつ、

感謝をして、手放していく覚悟も得られます。

 

 

ここで注意したいことがあります。

 

オリジナルだ、クリエイティビティだと言っても

ただ「自分がしたいこと」「私が作りたいもの」だけで突っ走ってしまう行為は

外部刺激されただけの幼稚なセルフイメージがスタートになっています。

 

非常にキケンなこの動機は

過去のできごとに潜む自己不信感や他者への優劣、

幼い頃の承認欲求が裏返しで起こっているかどうか・・・

そこに気づいてゆくことでもあります。

 

気づいたら、さっさと終わりにして

新しいエネルギーを注入しましょう!

というのが「五感インプット」への入り口です、とお話ししています。

 

幼稚で孤立化したフィールドで浮かんだアイデア

ほとんどカタチになりません。

なってもすぐに崩壊する。

なぜなら、他者からの賞賛を受けることがベースになっているからです。

 

これらにこだわっていると

過去のMさんのようにクリエイティビティへの情熱が持続できなかったり

納得できるライフキャリアは作っていくことが難しい。

 

作品の本質とはすぐに壊れるようなものではなく

日々、小さなヴィジョンを描き続け丁寧に重ねつづけた結果

「勝手に現れる」ものです。

 

賞賛もそう。

認めてほしい、これがほしい!と思って起こすのではなく

してきたことの結果としてそれが「自然に起こる」のです。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■ 熱量、スピード、心地よいリズム、の流れ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

忘れてはいけないのは

”成長した自己のなかにある、「これがほしい」というピュアなもの”

そこには、あなただけの世界観や

才能を生かす方向性、らしさ、「だけ」で構築されているのです。

 

特に、今まで前だけを向いて走ってきたひとは

いろんな理由でご自身を表現できなくなっていた

大切なことを置いてきぼりにしていたという方が少なくありません。

 

それらをもういちど発見し、純度を高め、ぎゅっと

ゆらがぬ「私」にして

それを活かし、動かし、カタチにしていく。

 

これが純粋にあなたの「作品化したいこと」

「大切にしていること」「美しいと感じる世界」

だとお話ししています。

 

ここからスタートしたなにかは

果たしてどんな現実につながっていくの?・・・と

わくわく楽しむ日々のプロセスが

アーティストとして成熟した世代の

ライフキャリアではないでしょうか。

 

そして、それを促進してくれるのが

この講座の「五感」を通してなのです。

 

 

 

 

わたしの使命は、

ひとりひとりの方の熱量、スピード、一番いいリズムを引き出し

「その人だけの流れ」を構築してゆくこと。

 

「作る」という作業を通して自分を極め

人さまに伝わるピュアなものを作り出していける

自立した提供者であることを目指しています。

 

また、近々、名古屋以外でも開催したいなと思っています。

 

ご興味がございましたらぜひご活用してください。

みなさまの才能を掘り起こし、

磨きをかけるお手伝いをさせていただけましたら本望です。

 

次回のアーティストブランディング講座は5月中旬を予定しています。

アナウンスまでしばらくお待ちくださいませ。

 

それでは、みなさまも良き季節を。

 

 

maquico kitagawa

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です