わたしたちが日常的に見ているヴィジュアルのほとんどは

じぶん以外の誰かによって撮影されたもので構成されている。

 

この事実は、日々他人のまなざしを追認しているといってもいい。

 

「無数の誰か」が創ったヴィジュアルや写真

それはある時には写真家によって撮影された広告だったり

もしくは、あなたの親しい友人がくれた

ごくプライベートな写真かもしれない。

 

いずれにしても何らかのヴィジュアルを目にするとき

その背後にはほぼ例外なく

こうした「誰かのまなざし」が存在しているのは間違いないのだ。

 

 

一方でそのヴィジュアルが「誰によって創られたのか?」

ということに対する問いはどんどん希薄になっている。

 

それはなぜか。

 

理由はデジタル写真の絶対量の増加と

データ検索可能性の向上がそうさせてしまうのは避けられない。

 

たとえば、興味のある固有名詞を入れ画像検索をする。

 

すると画面上には自動的なアルゴリズムによって選び出された

大量のヴィジュアルが瞬時に現れる。

 

このときのわたしたちの本質は、

そこに「目的にかなった画像が見つかるかどうか」

というその一点のみにかかっている。

 

こうした日常の中で

ヴィジュアルに接していることが当たり前になった現代において

撮影者に対する関心はおそらく、

もうほとんどないのではないだろうか。

 

ある意味恐ろしいことだけれど、

事実であることを認める時代が来たみたいだ。

 

もちろんいつの時代においても

写真を見るときの欲望は「そこに何が映っているのか?」

という欲望に向けられてきた。

 

いま、環境はそのような深層心理の無防備な乾きを

さらにエスカレートしていっているように感じる。

 

撮影者が、わたしではない誰か、未知なるものと言えば

ロマンティックかもしれない。

 

けれど、もしそれらを

インターネット上で見つけたとしても

「誰か」が視た「未知なるもの」(であった、もの)だとすれば

いつまでも未体験なものなど見つからない。

 

むしろ、視たことに気付いていない可能性がある。

 

つまり膨大な画像データに収められているのは

初めて視るものでははなく、

もしかしたら、どこかでそれを視たことがあるかも知れないのだ。

 

通りすがりに立ち寄った古い喫茶店に飾られた

一枚の風景写真だったかも知れないし

吊革広告の1コマかもしれない

もしかしたら倉庫に眠っているレコードジャケットの表紙の可能性だってある。

 

つまり・・・ある写真が記憶とリンクされるということは

それが撮影者という人間の記憶とイコールではない、を意味している。

 

そこからは逃れなれないのだとしたら、いったい何を見ればいいのか?

 

体感することになしに得られる未知はないとわたしは考える。

自分の眼で、身体で感じ、

全身全霊で受け取ること。

 

誰かに観せるのが目的ではなく

検索されるために記録するのでもなく

本当に自分が視たい一瞬を欲することしか

暴力的なまでの「無数の誰かのまなざし」から

逃れることはできないのだから。

 

 

IDEA ART BOOK

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です