Model:心月 mituski

 

 

 

ワークショップや講習でいつも意識していることがあります。

 

それは、「その人の感性が本当は何を欲しているのか」

を観察することです。

 

どういうことかというと

わたし達それぞれのなかの

創造性のエネルギーが、欲している純粋性を探るのです。

 

伝えたい、掘り下げたい、広がりたい、のぼりたい、深めたい

統一したい、動きたい、活躍したい・・

 

まさにそれぞれが欲している何かがあります。

 

わたしがお役に立てるのは、その奥深くにあるそれらに気がつき

うまく感じ取ることができそれを自然に現わせるようになるということです。

 

人間は、ほんとうに多種多様の表現力と美意識

たくさんの方向性のある創造エネルギーを

一人ひとり持っています。それは全て違います。

 

 

仮に滑稽だとしてもよく、脈略がなくてもむしろ荒削りでよく

それが唯一無二性だとわかるようになるのです。

 

すると、あなたが作るものは

ひとつとして重なり合うものはなく完全にオリジナルです。

 

それぞれの創造性が在りたい姿、

行きたい道を歩き出せるようになれば

その人にとって幸せなことだとわたしは考えるのです。

 

ですから、いま、

クリエイティヴな道をゆく人間として

欲している人のお手伝いができることはとても幸福な活動です。

 

わたしのミッションでもあると思っています。

 

ひとりひとり創造性の種が違うのですから

当然、表現の仕方もそれぞれです。

 

 

たとえば、

クリエイター向けの「表現講座」をやっていたときのこと

 

受講生から

「この説明はもっと細かく書いたほうがいいでしょうか?」

と聞かれても、

わたしは「あなたの意図したいようにどうぞ」と答えていました。

 

それは、教えるのが面倒なのではなく、

自分が何を望んでいるかを本人が知り、深めより良いものへと変換し

それをかたちにすることが大切だからです。

 

 

「五感カフェ」という講座では

毎回違うキーワードをもとに世界を「愛でる」ということを行ってきました。

 

その「愛でる」行為の延長としてキーワードにもとづく課題が出され、

翌回にその講評を行います。

 

キーワードは抽象的なので、それを真剣に考え、

かたちにする過程で美にたいする考えが深まります。

もちろん、正解はありません。

 

これにより世界の見方や捉えが変わることもあるでしょう。

 

課題をどう解釈したか? それをもとに世界をどう見たか?

それをどうかたちにしたか、最終的な表現に見え隠れするもの。

 

写真表現をする方であれば、

その人の個性が望んでいること

創造性が行きたがっている方向を写真から感じ取ります。

 

ご本人が自分の世界にコミットして課題に取り組んで行けるので

数週間でかなりはっきり、違いを実感できます。

 

 

「五感カフェ ワークショップ」は、

文字通り五感が望んでいることを具体的に引き出し

言葉にしたり、非言語の世界を感じ

実践することが課題となっています。

 

作品をつくる場ではありませんので、

そこが写真講座とは違います。

 

また、ご自身の問題点を解決することとも違います。

 

このワークでは、あなたの内面に広がるヴィジョンが

何を望んでいるのか?

 

その深いオリジナルな感覚は

自分自身がどう感じ、どこへ向かったらいいのか?

を具体的に掘り下げてゆく時間です。

 

今まで、自分の表現力に確認が持てず

無条件の創造性をしてこなかった方はそれが明確になります。

 

その空間にいる皆さんもエネルギーが高くなります。

 

 

写真や絵など何やかの作品から講師が意見をのべる評論会とは違い、

あなた自身が探り当てたピュアな望みです。

 

自覚的に日々取り組むことができるので

ロングスパンでみて大きな収穫になるでしょう。

 

世間や人から言われたことにぼんやり感じていることより、

自分で具体的に実感したほうがよりリアルです。

 

焦りも批判もありません。

怒りや葛藤もエネルギーだったのだと気づくことができます。

 

このように、いろんな方の創造性のエネルギーと接してきました。

 

見れば見るほど、ワークをやればやるほど、

どんな分野でも、クリエイティヴであるということは

 

本能レベルでやりたいかやりたくないか

そのやりたいことを実際にやるかやらないか、

ということに尽きるなと思います。

 

シンプルなこの講座、4月から新メニューをご案内します。

もう暫くお待ちくださいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です