今、映像・静止画をふくめたヴィジュアル界は

アウトドア・アートというジャンルが熱い。

 

 

サーファーや、スキーヤー、

スノーボーダー、冒険家といった

作家自らがプロ並みのスポーツをし

 

その日常や旅先で体現した時間をヴィジュアル表現するという

興味深いドキュメント映像が数多く出ているのだ。

見ていても肌感覚にちかいのか

するするとその世界に流れてゆくように感じる。

 

わたしが個人的にお気に入りの作家を

会員のみなさまにご紹介したいと思う。

 

ヴァンクーバーとウィスラーをベースに活躍する

Jordan Manley氏。

https://jordanmanley.com/

 

彼は、環境をテーマにした写真を発表しながら

世界各地でスキーヤーとして雪山へ登り

そこで映像を創る、というアウトドア・アートの先駆者。

 

 

これまで、わたしが知るスポーツの映像で

クオリティーが高いと思っていたのは

サーフィンを代表とした「海」に関するものが圧倒的だったのだが

その固執した考えを一瞬にして変えてくれたのが彼の映像だった。

 

 

添付した1本目は日本。

舞台は東京から北海道のニセコへ。

 

ハイレベルなスキーシーンを的確に捉えながら独特の情緒が流れる詩的な映像は

これからのリアルノマドで生きる世代にぜひ目指して欲しい世界観でもある。

 

まさに、ライフスタイルをコンテンツにし、

スポーツウェアのトップブランドから

次々とスポンサーをつけてゆく素晴らしい企画だ。

 

 

優れたドキュメント映像をシェアするときに言葉というものは本当に無力。

 

そんな13分。

日本の、我々がすでに持っている日常的なシーンからこぼれた

輝きの一瞬を体感することができる。

 

なぜか切なく感じてしまうシーンがあるのは

彼が映像作家の前に、冒険家だからだろうか。

 

冒険家はいつの時代もロマンチストだ。

音楽のセンスにもそんなスピリットが伺えどこかへ旅をしたくなる。

 

ヨルダンのサイトから各国のスキーの旅の映像作品を楽しむことができる。

 

また、写真作品も購入可能。

ライカMPで撮影されたネーチャーフォトのインスピレーションもたっぷり味わってほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です