リクエストにお応えして「自己肯定感」について

先日メルマガでお伝えした内容を一部選抜します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「自己肯定感」これは、

自分は達成することができる

自分は価値がある、という

セルフ・エフィカシーにもつながる大切な意識の持ち方になります。

 

幼い頃から社会や他者とくらべ「できる、できない」という

優劣の枠組みで育ったわたしたち世代。

 

それがもとでやる気を失ったり、自信を失ったり

意欲を削れてしまうといった根本原因に気づけないまま

自分を信じられなくなる人も少なくありません。

 

というのも自己肯定感の対局にあるのが

劣等感・罪悪感・無価値観。

 

なにかにチャレンジしても成果を信じられない、

すぐに劣等感を感じてしまうのは

「報われなかった」と感じたときに起こる現象です。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━
なぜ自分のやったことが報われず
いつまでも苦しいのか?
━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

ここから例をあげますね。

たとえば、あなたが一生懸命本を書いて

Amazonで売ったとしましょう。

 

でも、売れた本の数は5。

「たった5冊」だったと。

 

でも、編集者がオンライン決算の確認のために

Amazonでクリックしたカウントが1で

自分で購入したのが1冊

そして友人に頼んで3冊

つまりは、知り合い以外

誰にも買ってもらえていない、ということ。

 

現在の出版業界は本当に厳しく

大胆なプロモーションが不可欠なので世界的に著名な作家以外であれば

どなたでもそうなる可能性はあります。

 

例え、いまをときめくライアン・マッギンレー氏が

全く誰も知らないペンネームで出版した渾身の写真集だったとしても、です。

たとえ、まれみにる芸術文学だとしても、です。

 

なにが言いたいかというと・・・

人は、そうなったとき「自分のやったことが報われなかった」

と感じやすいのです。

 

ガッカリするし、恥ずかしいとも感じ

一気にやる気が下がってしまうことが多い。

 

その経験から、

「どうせわたしはなにをしても報われない」

と感じるようになっていくことがあります。

 

 

 

 

でも、ここで気がついて欲しいのです。

今回の「たまたまそうなった経験」が

「未来も絶対そうだ!」という勝手な思いこみが生まれ、

 

自分の未来予測につながりその結果やる気がなくなって

「わたしなんかどうせ報われないし」

この思いが無意識にあるということはないか?と。

 

もしも、過去、同じようなことで思い当たる人は

それが邪魔をして

行動が起こしにくくなっていく原因になっているかもしれません。

 

逆にいえば、やったことがすぐに「間違いなく報われる」

のであれば

人はもっと行動することができるし

モチベーションを維持するのは簡単ということです。

 

一般的にゲームをずっとし続けるのが癖になりやすいのは

「ゲームをしたことへの成果」が的確で、

しかもすぐにもらえるからですね。

脳にメリットがあるわけです。

 

ただ、これはゲームの世界の話であって

わたしたちの生きる現実はそうはなっていない。

 

報酬や成果、メリットというものは

ある程度の時間が必須ですし

それには粛々と、淡々と地味ぃ〜な行動をした

「その先の結果」として現れるものです。

特にクリエイティブの領域だと

いきなりは報われないことの方が多いのではないでしょうか。

 

もっといえば、人との信頼関係が必要だったり

仕事の結果が出せても

継続し、レベルアップさせることも要求されますよね。

 

信頼=成果・報酬だと捉えることができるので

ビジネスはすぐに構築されるものではありません。

 

それでは、

「すぐに」報酬を求めるとどうなると思いますか?

 

 

心理学上、人は、極端に等身大以上の自分になり

誇大なこと、できもしないことを言い

最悪、嘘をついてでも「報酬や成果」を手に入れようとする

と、、、、非常にキケンな方向に進んでしまいます。

(自己防衛本能なので無自覚だったりするのがさらにキケン)

 

「すぐに結果が欲しい!」

という人の人生が逆にうまくいかないのはこのような理由があるのです。

 

では、この「報われない」という気持ちを

乗り越えていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは

“行動に対するプロセスにフォーカスする”こと。

 

欲しい結果に対する、

あなたの地味ぃ〜で淡々とした行動そのものへ

意識を向けることがポイントとなります。

丁寧に、デリケートに、瞬間、瞬間に。

 

同時に、この「報われない」というどうしようも無い気持ちや

「報われる」ということ自体

いったいが何を指しているのを理解しておく必要があります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

つまりは《結果》

━━━━━━━━━━━━━━━

そうなのです。

ただ、この《結果》というものを
はき違えていると苦しくなります。

もしも《結果》が自分がしたことによってそれを他人が

評価してくれる
行動してくれる
認めてもらえる

ということになっていたら

 

それは「他者のコントロール」領域でしかありません。

つまり、完全にコントロールできるものではないという場合が多い。

そもそも“自分ではコントロールすることができない

《結果》だけが報酬になっている“

ことが苦しみの原因です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━
五感Cafeでは
このようにお伝えしています
━━━━━━━━━━━━━━━

“自分が結果に対して行うプロセスにフォーカスし

それを報酬として自分自分が受けとることを大切にする“

 

例えば

あなたが誰かを高く評価したり

思いやりを持って接するとしましょう。

けれど、相手を高く評価し思いやりを持って接したのにも関わらず

相手はそのとき機嫌が悪く何も反応が返って来なかった。

 

つまり

あなたが期待した結果が何も得られなかった場合、

無視された、何か変なことを言ってしまったのだろうか?

と思うでしょうか。

 

《結果》だけにフォーカスしたなら

「報われなかった」と感じますよね。

ここで気がついて欲しいのです。

あなたがやったことが全く意味がなかったのかというと

そんなことはない、ということに。

 

そのとき「たまたま」相手の機嫌が良くなかった

だから無愛想な感じになっていただけ、と捉え

あなたが人を思いやりのある行動や高く評価する行為を続けていけば

 

あなたと一緒だと気分が良く信頼できる人物だと感じ

自然と笑顔になり

まわりのみんなが

心を開いてくれるようになるでしょう。

 

ですから、必ず結果的に報われることになるのです。

だからこそ

「一時的に報われなかった経験」

を乗り越えていく必要があります。

そして、そのとき大事なのが

 

“自分が結果に対して行うプロセスにフォーカスし

それを報酬として自分が受けとること“

 

になるのです。

言いかえれば、あなた自身が

相手に思いやりを持てた自分へ報酬する

ということ。

 

大事なのでもう一度

 

“そのような自分で在れた自分に素晴らしい!と思えることが報酬“

 

相手から期待したものは返ってこなくても

あなたが

「そうしたいと思ったことができた」

「そう在りたいと思った自分でいられた」

そのことを結果にするのです。

 

自分が大切にしたいことを大切にするのが

他者とのすれ違いラットゲームから脱出することができる唯一の方法です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

インナーデザインで

もっと自分を大切にできる

━━━━━━━━━━━━━━━

あなたが、あなた自身で

「やりたいこと」
「面白い」「うれしい」と信じることを

同じように思う人がいたらいいな、とイメージして行動した

であればそれでOK。

わたしはわたしが信じることをやれたんだ、というひとつの成功です。

 

冒頭の本の売上の話でいえば

あなたは、一生懸命書いたあとも

努力を惜しまず、多くの人にもっとも読んでもらいやすいよう

タイトルも工夫して表紙のデザインも考えた。

手にとって読んでもらえる工夫を

現時点での自分ができることすべてやってみた。

つまり、最高のエネルギーをかけた。

であれば、そのことをまずは自分が評価してあげてください。

もちろん、《結果が大事ではありません》

という意味ではなく

結果を出さなくていいということでもありません。

結果を出す、自分が信じることへエネルギーを注ぎ続けるためにも

結果という報酬以外に

・最高のエネルギーをかけることができた悦び
・そのような自分で在れたという悦び

この「完全に自分でコントロールできる在り方の報酬」を

心の真ん中に持っていて欲しいということです。

 

それだけで、あなたは

「報われた」と感じることができます。

 

 

 

 

世界は広いです。

誤解される日もあるかもしれません。

理解してもらえない日もあるかもしれません。

それでも、

自分が今できる最高のことをやったなら

そんな素晴らしいあなたを

あなた自身が評価すればいい。

よくやった
これ好き
こんなの見たかった!ありがとう!

 

と心のなかで声を掛けてあげると

細胞レベルで悦んでくれるのが感じられるはず。

 

丁寧に自分にエネルギーを注げば

必ず、結果という意味でも報われるときが来ます。

 

その日が来ることを信じて、

あなたが本当に在りたい自分であれば

すでに、もう報われているのですから。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です