感覚派へお届けする「五感Café」。

このコーナーは、純度の高い感覚で

よりゆたかなライフキャリアを磨いてゆくための新感覚コラムです。

 

日頃、自己表現を目指した生き方をこころざすあなたは、

もしかしたら、人よりも感性豊かな感動やさんだったり

ちょっとしたことで訳もなく敏感になることに悩んだり

社会生活が生きづらいな、とお感じになることがあるでしょうか。

 

もし、そうであったなら

あなたのその鋭い感覚こそ「五感Café」でリスペクトされるべきこと。

 

同時に、現代人の持つ独特な感性がそのまま生かされる新しい時代が

すぐそこまでやってきています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

わたしを、わたしが磨く

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

一般的に、「五感を研ぎすます」とはどういうことでしょうか?

 

感覚という言葉にするにはあまりにも膨大な量とイメージは

実は、「共通感覚」などで知られる「体感」でじゅうぶん伝わることが

最新の科学で証明されています。

 

前回でもお伝えしたように、

わたしたちの生きている世界で「触覚」という機能は

メンタルもフィジカルにも大変重要なポジションであり

なくてはならない大切な能力です。

 

詳しくは前回の「五感Café」 →へ。

 

 

感覚をクリアにし、心身のノイズを取り除くと

体内の純度が高くなるばかりではなく

幸せを受け取るセンサーがよりよく働きます。

 

すると、ごくふつうの日常のなかで見逃していた素敵なものや

心揺さぶられることに感動したり、

それによってますます集中力が発揮でき

アイデアやひらめきが生まれやすくなるため

創作意欲の向上にもなります。

 

そして、この相乗効果こそ本来わたしたちに備わっている

最大のクリエーションエネルギーとなるのです。

 

あなたはもう、あなた自身のすべての感覚を満たすだけ。

 

ここで1つだけ、読者であるあなたに注意してほしいことがあります。

 

単純に美味しいものを食べて満足するとか、

映画を観たり旅行へ行ったりといった

感動経験をすることばかりを追いかけてしまい、その行為を目的にしていると

やがて外部のリズムに合わせているだけになってしまいがち。

 

世間にはそんな「軽く満足させてくれる刺激」が氾濫していますよね。

 

情報と欲望の迷路のなかで

自分にぴったりな本質を見極めることへ

疲労すらを感じる方も多いでしょう。

 

そこで、みなさまに「五感Café」から

簡単にできるワークをお伝えしたいと思います。

 

日常のちょっとした気づきにフォーカスするだけで

心地よく過ごせるようになれます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感覚を磨く五感ノート

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

触覚ー触ること、嗅覚ー匂いを嗅ぐ匂いを嗅ぐこと

味覚ー味わうこと、聴覚ー聴くこと、視覚ー見ること

 

あなたの身体には五感という

素晴らしい感覚センサーがすでに備わっています。

いつでもどこでも、指先で触れたり、匂いを嗅いだり、耳をすませたり。

 

五体満足で生まれ、そのことに感謝するとき

感覚を自由に使える歓びをありがたく思います。

 

できれば毎日、少しでもこの五感をフルに使い、

生き生きと暮らしていたいものです。

 

今朝の空の色はどんな色?

散歩の途中、感じた季節の風はどんな香りだった?

歩道橋の手すりは冷たかった?

駅を降りるときに聞こえる足音はどんな感じ?

休憩時間に飲むコーヒーの味は昨日と同じ?

窓の向こうに見える木々のつぼみのカタチは?

今夜のお風呂にぴったりなブレンドオイルはどれにする?

 

 

日記を書くように、もしくはメモを残すようにしてみましょう。

それが難しいならスマートフォンでテキストを記録してもOK。

 

ほんの少しだけ意識的にフォーカスするだけで

あなたの生命を強く感じる瞬間の体感は一瞬にして変化します。

 

 

 

「それがどうしたの」と思う方もいるかもしれません。

 

ですが、なんども書いているように、五感を高めれば集中力が増し

幸福度も上がることが科学的にわかっています。

さらには、短期記憶や身体能力も向上。

それにより創造性やリラックス感が高まり

第6感といわれる、自分をコントロールできるようになる可能性

があるとされています。

 

なにより、時間の経過によって感覚は鈍くなるのは事実。

年齢とともに、楽しいことやワクワクする快感、

幸福感も少なくなってゆくのは

なんとなく淋しいことだと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

 

ここまでお読みになってくださったあなたは、

もっと“自分と触れ合う”ことの重要性に気づいているはずです。

 

ぜひ、少しづつでも、五感を言葉にすることを習慣化してみてください。

続けてゆくと、触覚が第三の脳だということも

頭ではなく身体で理解できるかと思います。

 

つまりは、この気づきが

あなたがあなた自身を磨くオリジナルカルテとなるのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  五感ノートの由来

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

もともとは、写真家のわたしが主催するワークショップ

「アーティストのためのエッセイ講座」

で行っていた自己表現法のひとつです。

 

写真家やイラストレーターなど視覚的な表現をしてる

感覚派の方が苦手とする言語表現に特化し、

これを楽しくクリアしてゆくというコンセプトからスタートしている講座でした。

 

それぞれの世界観、独自の感性を細部まで言葉にしようとはせず、

まずは、自分自身の五感を解放することに興味を持った方へ

広い世界の扉を開けてもらうためのお手伝いをしています。

 

時代は物凄いスピードで多様化・少数化に向かって行き

価値観もどんどん変化しています。

 

そんな目まぐるしく変わる時代だからこそ

今までの大切なキャリアをカタチにし

それぞれが望む本当のゆたかさを高めたい。

 

五感を磨き、あなたのライフスタイル全体を

「創る」「伝える」「循環させる」

その知識を高めていきましょう。

 

「五感Café」では、これからも

あなたのピュアな感性を応援してゆきますね。

次回もお楽しみに。

 

 

 

IDEA ART BOOKS

 

 

 

 

maquico kitagawa

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です