太陽、やさしさと生命の炉は

恍惚たる大地に燃える愛をふりそそぎ

 

 

谷間に体をよこたえる者は

感じるのだ

大地が妙齢で

血にあふれているんだな、と。

 

 

その大きな胸は、魂の息吹を吹きこまれ

神さながら愛からなり

女さながら肉からなる、と。

 

それははらんでいる、と

精気と光でふくれあがり

あらゆる芽生えの大いなる蠢動を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Model : 心月 -mitsuki-

 

 

 

原文 アルチュール・ランボー

 

 

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です