わたしは絶対性があるものに美しさを感じることはありません。

 

 

左右対称であるとか、

安定性や調和を保った美しいとされるものへ

心が動くことがないのです。

 

 

わたしは、その人の人間性の成り立ちから今の姿に

どんな美しい矛盾があるかどうかを

すくい取ってみたいと思っています。

 

 

それはどこかいびつで、混乱していながら美しい。

 

 

 

世界からどんなに理解されなくても

他者から外れていておかしく映ったとしても

 

その人が自覚している絶対的な調和が感じられる

他人の審美が及ばない領域。

 

 

もしかしたら、それは

フェティシズムの世界と言われるかもしれないけれど

 

そんなことはどうだっていい。

 

 

めんどうな精神的ブロックや承認欲求など関係なく

自分で在ることに

恍惚感を感じるフェティシズムの世界というのは

 

狂っていて美しいものです。

 

 

 

本当の自己愛というのは幸せも狂気も成果も超えてしまう。

 

 

わたしはそういった

自分の欲求にストレートに生きている人間が好きです。

 

 

いびつさまで謳歌するその姿に感動を覚え、

いつまでも見ていたくなります。

 

 

その人たちに一切の妥協はありません。

 

 

それは「自己」という成り立ちのなかで

どれだけ乖離していたとしても

 

今の自分が完璧につながっているという姿です。

 

 

写真を撮ってゆく過程で、この美しい完璧さが

むき出しに現れてゆく瞬間に立ち会うことがあります。

 

 

その美しさは全てを超越してしまうほど

神々しく、恍惚な時間です。

 

 

多くの人たちは、世の中の矛盾を修正することが多いけれど、

本当はそんな事をしたいわけではなく

 

わたしたちは、ただ、ありのままの姿が見たいだけです。

 

 

その姿が他者からマイナスに見られたとしても

 

その人の、今その瞬間

自分の中だけに在る絶対性の中で

不安定に揺れ動いているゆらぎを

感じていたいのです。

 

 

 

 

表面的な自分から抜け出し

 

むき出しの自己が立ち上がる境界線

 

そこだけに現れる、

 

愛すべき美しくいびつな癒しを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adorable and deformed beauties

I don’t see any beauty in things with perfection.

hings such as symmetrical objects or things

that can feel balanced and harmonized atmosphere

which are said to be beautiful did not touch my heart.

It seems deformed and confused but definitely beautiful.

 

Even if no one can understand them, or even

if they appear to be strange from a common point of view,

 

they are living in a world with absolute harmony that no one but their own selves can reach.

 

Such notion may be called “the world of fetishism.”

 

 

 

But it doesn’t matter.

 

The world that we can feel satisfaction for being our own selves

without thinking about mental block or esteem needs is insane but beautiful.

 

Because the true narcissism surpasses

the boundaries of happiness and madness

and it is to be more desired than personal achievement.

 

I like the people who devote themselves into their own desire.

 

I can’t stop watching them while they enjoy their lives along

with their deformity.

 

Such people will not compromise with their lives.

 

No matter how far their true selves deviate from common sense, t

 

heir appearances make me feel as if their current states are directly connected to perfection.

 

I sometimes meet the moment that such perfection is emerging from photo model

while taking picture of them.

 

It looks magnificent and profound.

 

The beauty exists within such a moment surpasses everything.

 

Many people want to rectify the inconsistency in the world,

but I don’t want to do such a thing.

 

I just want to see the true self exists within each person.

 

Even if some people consider a certain photo model as weird person,

such photo model is struggling in the middle of perfection.

 

I want to capture and feel that moment.

 

When people break away from the superficial selves, their true selves appear.

 

Adorable and deformed beauties that only exist within such a moment touch my heart.

 

 

 

 

 

Maquico Kitagawa

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です