Arthur Rimbaud

夏の夜明けを抱いた

宮殿の前には、まだ動いているものは何もなかった
水面は動かず
森の小道には深い影が落ちていた

俺は熱い息を弾ませながら、歩いた
宝石たちが顔を見合わせ、翼が音もなく舞い上がった

最初の出来事は、光に満ちた小径で
一輪の花びらが俺に笑いかけてきたことだった

モミの林から奔流をなして落ちる滝に俺は笑いかけた
すると水しぶきの上に夜明けの女神が見えた

俺は女神のヴェールを一枚一枚剥ぎ取った
道を歩いては両手を動かしながら女神にまといつき
草原の彼方では、鶏に夜明けの女神のことを知らせた

街に着くと、女神はドームや尖塔の間に身を隠した
俺は大理石の埠頭の上を乞食のようにさまよいながら
彼女を追い続けたのだった

月桂樹の森のそばの坂道の上で
俺は女神を捕らえ 集めたヴェールで彼女を包むと
その豊かな肉体が俺の感覚に伝わってきた

こうして夜明けの女神と子どもは森の底に沈んでいった

目覚めると真昼だった

 

 

アルチュール ランボー Arthur Rimbaud「イリュミナシオン」より

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です