20080709116p

 

 

 

 

 

 

叙情的な詩で育って

 

名もない森で暮らし

 

 

朝陽がどうしようもなく

ロマンティックに差し込むアトリエをかまえ

 

そこで作品を発表しつづけて

 

ときどき、

 

海辺のカフェに

20冊しかないアナログな本を置いてゆき

 

 

滞在型の巨大スペースを

スタジオにして

 

また森にもどって

 

 

 

 

 

聴いたことのない歌のような

 

流動する作品を創り

 

 

ある日そのひとつが

 

マンハッタンの老舗ギャラリーの

ガラスケースに飾られているのを確認したら

 

ふわりと舞うように帰ってしまうような

 

壊れた作家がいたら

 

大好きになるだろうと

 

探し続けていたけれど

 

いないような気がしてきたので

 

わたしがやろうかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です