ぼくは束の間の、さほど不満もない、

 

あらゆる既知の趣味が家々の室内装飾と外観においても

都市計画においても同じく巧みに回避されているゆえに

露骨に現代的な一都市の市民である。

 

ここでは貴方はいかなる迷信の記念建造物の痕跡も

報告なさりはしないだろう。

 

倫理と言語は終にその最も簡素な表現へと帰せられる。

 

 

この互いに知り合うことを必要としない無数の人々は

あまりにも同じ仕方で教育を受け、

職に就き、老齢に達するので、

 

 
その人生の流れは気違いじみた統計が

ヨーロッパ大陸の人々に見出すものよりも何倍も短いに違いない。

 

 
それゆえ、ぼくの窓から、

濃密な永遠の石炭の煙を通り抜けてさまよう新たな幽霊を

── 森に我等の影を、我等の夏の夜を──

新たなる復讐の三女神を眺めるように。

ぼくの故郷であり心のすべてであるコテージの前に。

 

 

それというのも、ここのすべては似ているのである、
── 涙を流すことのない〈死〉や、

我等のよく働く娘であり女中、そうして、

絶望的な一つの〈愛〉と、
通りのぬかるみでぴいぴい泣いている一つの立派な〈犯罪〉に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です