見よ、この怖そうな、

 

いえ、怖くて絶対立ち寄れない撮影風景を。

 

カトリーヌ・ドヌーブは魅力的な女優だと思うけれど、

こんなビビる現場にいたら、逃げ出してしまうだろうと思いながら

ついつい怖いもの見たさでリピートしてしまうのが、このCF。

 

 

以前の記事でアニー・リーボビッツを紹介したが、

彼女を敬愛するのは、このフィルムが証明しているように

夢のような演出のカットでも、絶対にCG合成を使わないから。

 

 

かのディズニー映画のポスターも数々のルイ・ヴィトンのCFも同じく

アンリミテッド(予算無視)でセッティングしてしまうそのバイタリティーと

企画力、そして最終的には全予算を自ら掛けてしまうという

気っ風の良さが、作品に凄みを加えているのだろう。

 

つまり、こういう覚悟が出来てる人のことを、

世界はアーティストと呼ぶ。

 

 

ちなみに、わたしが好きなCFは、これ以外だと

シャーリーズ・セロンを海に何時間も浸らせたまま撮ったという

心臓が凍りそうな撮影現場。

 

どなたか見つけたら教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です