ArtSticker  に出展させていただいています。

タイトルは「200% humidity」。

 

ArtStickerは、アーティストへ「好き」や

感動の気持ちをおくれるプラットフォームです。

キュレーションや配置など、

全てアーティストご本人が行うため

アーティストひとりひとりの世界観が伝わりやすいのもうれしい企画。

今回より、自宅アトリエの風景や使用機材のお話などもご紹介しています。

コーヒー1杯分のお金からはじまる

アーティストとのつながり。

小さな「好き」の気持ちが連鎖してアートの世界が広がっていきます。

ArtStickerで、今までにないアート体験をお楽しみください。

素敵!と思った作品やアーティストに

ぜひ応援の声を送ってみてはいかがでしょうか?

アプリで簡単にお使いいただけます。

ArtSticker 


「200% humidity」より一部選抜。

 

20205月からスタートした

窓辺の植物と透過光によって生まれるプリズムシリーズ。

閉ざされた部屋の片隅で現在を生きる時間

その幾層にも重ねられた色の作品を透かし見ながら

あらゆる危機感、執着、希望や絶望が存在しない空間である

生と死のあいだに心を漂わせてみる。

わたしたちは常に、大きな生と死のあいだに包括され

無数の生と死のあいだを生きている。

人間ひとりの寿命など

大いなる自然からみれば朝露ひとつ以下の存在であろう。

生と死のあいだのことは生物単体の生と死で完結するのではなく

無数の可能性を秘めた関係性の中で紡がれていく

決して途切れることのない物語であり

途方もない大きさを持つ一つの宇宙でもある。

       ー作家ステートメントよりー

 

 

Time to live in the present, in a closed corner of the room.

While looking through the layers of colors of the work, I It is a space where every sense of crisis, obsession, hope and despair does not exist.”I try to let my mind drift in the space between life and death.We are always encompassed by the great “gap between life and death”.

This is living in a countless number of “gaps between life and death”.The life span of one human being.From the point of view of the great nature, it would be less than a morning dew.

“Between life and death” doesn’t end with the life and death of a single organism.It is spun in a relationship with innumerable possibilities.

It’s a story that will never be interrupted.

It is also one universe of tremendous magnitude.

 

 

 

作品のサイズ違いも承っております。

また、企業、店舗などへ複数納品をご検討の場合には

お値打ちなデータ購入コースをございます。

詳細はお問い合わせください。

 

他の作品はポートフォリオからご高覧いただけます。

 

Makiko Kitagawa Photography

 

 

“200% humidity series” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です