撮りためた写真を眺めていると記憶喪失に陥っているように感じることがあります。

フレームの中に写っている過去のイメージは長い時間をかけて変化し、多くの矛盾を孕みながら時間の記憶として蓄積されてゆくだけで、本当はなにも失ってなどいないというのに。

一方、現実の更新は記憶の喪失とは真逆の位置にいます。世界の急激な更新が記憶の蓄積を追い越してしまえば、時間の記憶を蓄積できなくなったイメージは、その固有性をも失ってしまうことになるのかしれません。

突然失われるかもしれない世界の記憶を、なにかに留めておきたいという思いから、風景や人物を撮影してきました。撮影と編集を進めるうちに、一つの記憶を異なる視点から撮影した複数のイメージのグラデーションから生まれ、もうひとつの空間が交錯するイメージに辿り着きました。

そのとき、被写体だけではなく、すべての現象が断片化され再構成されます。

これらの再構成されたイメージはわたしたちの認識とはかけ離れたものかもしれないけれど、そこに写真から生じた複雑さや矛盾が潜んでいるような気がします。

 

 

When I look at the photos I’ve taken, I sometimes feel like I’m suffering from memory loss. The images of the past in the frame change over time, and with many contradictions they are stored as memories of time, even though nothing is really lost.

On the other hand, the renewal of reality is in the exact opposite position to the loss of memory. If the rapid renewal of the world overtakes the accumulation of memory, it may be that the image that is no longer able to accumulate the memory of time will also lose its own individuality.
I have been photographing everyday life and people because I want to keep the memories of the world in something that may be lost suddenly. In the process of shooting and editing, I arrived at an image that was born out of a gradation of multiple images taken from different perspectives of one memory, and another that was an intersection of spaces.

Then the whole phenomenon, not just the subject, is fragmented and reconstructed.
These reconstructed images may be far removed from our perceptions, but I feel that there are complexities and contradictions lurking in them that arise from photography.

 

 

 

▽ 延長しました! 5月末まで受付中 ▽

 

IDEA ONLINE SESSIONのご案内

 

「MITSUKI’SVOICE COMPLETE」 発売のお知らせ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です