Time to live in the present. While looking through the layers of colors of the work, I It is a space where every sense of crisis, obsession, hope and despair does not exist.
“I try to let my mind drift in the space between life and death.

The life span of one human being is, in the grand scheme of things
It may be less than a morning dew.

But even so, if someone leaves on a journey and something is lost
The world will surely lose one piece.

“Between life and death” doesn’t end with the life and death of a single organism.

It is spun in a relationship with innumerable possibilities.
It is a never-ending story.
It is also one universe of tremendous magnitude.

And the important things that are talked about every day.
“If you look at it as a thing between life and death. It may seem trivial.

When we face the reality after looking at the foundation of the essence, we can.I believe it will help us to find solutions to the problems we face today.

 

現在を生きる時間、その幾層にも重ねられた色の作品を透かし見ながら、

あらゆる危機感、執着、希望や絶望が存在しない空間である

”生と死のあいだ”に心を漂わせてみる。

 

わたしたちは、大きな”生と死のあいだ”に包括され

無数の”生と死のあいだ”を生きている。

 

人間ひとりの寿命は大いなる自然からみれば

朝露ひとつ以下の存在であろう。

 

しかし、それでも、誰かが旅立ち、何かが失われれば、

世界は確実に一つの欠片を失うことになる。

 

“生と死のあいだ“のことは生物単体の生と死で完結するのではなく、

無数の可能性を秘めた関係性の中で紡がれていく

決して途切れることのない物語であり

途方もない大きさを持つ一つの宇宙でもある。

 

 

日々語られる重要な物事も、“生と死のあいだ”のこととして見れば

瑣末なものに見えることだろう。

本質の土台を見つめ直した上で現実に対峙すると、

私たち現代人が抱える問題の解決の糸口が見えてくるのではないだろうか。

 

 

 

 


 

▽ 5/31まで無料セッション開催中です ▽

 

IDEA ONLINE SESSIONのご案内

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です