ブラッドベリのある食卓
日々の泡

ブラッドベリのある食卓

 

 

 
DSC_4755-38p

 

 

 

 

DSC_4752-37p

 

 

 

 

週末、午後。

 

 

ブラッドベリの短編集「とうに夜半をすぎて」

を読みながら

バルコニーで貝を焼く。

 

 

ひゅうっと

香ばしい湯気が夏の空をみたす。

 

 

いま、本にはさんだままの

栞に染みこむ煙は
土曜日の空色だ。

 

 

お醤油を3滴

ほんの少し、白ワインも垂らす。

 

 

しゅぅう。

 

 

瞼をゆっくり開けるみたいに

 

大アサリの輪郭が黒く壊れて

 

真っ白なクロスを海の匂いが濡らす。

 

 

 

ベルコニーの向こう側で

子猫が桃色のおなかを出して寝ている。

 

 

 

誰かが玄関ベルを鳴らしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5EPZL9

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です