DSC_4252p

 

 

 

 

屋上から浮かび上がる花火。

 

 

いつかの水源。

 

 

眩しいものだけが記憶に残る。

 

 

眩しい夜、眩しい街、眩しい言葉

 

眩しいひと、眩しい視線

 

眩しがりながら、目を細めて

 

歳を重ね

 

こうして隣にいて

 

たとえ手が届かなくとも

 

真夏の残照に

 

半夜の鐘が鳴り響くただなかを

 

 

わたしは忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

DSC_4757p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です