dscf5127-14p1

 

 

FUJIFILM X-T2 – XF23mmF2 R WR

 

 

10月6日発売の最高峰レンズで試し撮り。

 

結論から先にお伝えしますと

 

FUJIFILM機種をお持ちの方は予約必須だと思います。

 

 

 

描写力などは専門分野の方にお任せして・・・

 

カメラ大国NIPPONで

 

ユーザーの予想をどれほど裏切らないか、はもとより

 

ファーストインプレッションで満足させなければ

 

良いレンズと判断されないのではないでしょうか。

 

 

「これは使いこなさないと無理・・・」

なんてオジサンくさいことを言っていたら

 

今後、どんどん淘汰されるのが新種というもの。

 

 

 

XF23mmF2 R WRは開放F値が2.0と明るく

 

スナップ、室内テーブルフォト、ペット、

 

風景、ポートレート・・・

 

どんなテーマにも期待を裏切らず

 

アーティストたちのポテンシャルを十分に発揮してくれるはず。

 

 

これはもう一眼レフは必要ないのではないか?

 

と思えるほど

 

カメラ女子たちには間違いなく

必須のオールマイティさ。

 

 

入手したばかりの新聞くんX-T2の相棒として

 

今後もお世話になりそうです。

 

 

 

ちなみにこの日、午前中まで台風の影響で外に出られなかったのですが

 

さすがFUJIFILMは写真の神さま・・・・

 

かどうかわかりませんが

 

お昼を境に神々しく晴れ渡ってスナップ日和となりました。

 

テスト画像は全てJpegリサイズオンリー。

 

特筆したいのは、やはり

 

フィルムシュミーレーションのモノトーンバリエーションです。

 

こんな運命の相棒と撮った写真に続きは後ほど。

 

 

 

dscf5138-151

 

dscf5122-12p1

 

 

dscf5124-13p1

 

dscf6618-7p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STAFF募集中
STUDIO Mでは、撮影スタッフを募集しております。
詳しくはこちらまで▶︎http://www.maquiphoto.com/staff

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です