夏の風が吹いた。

いいことがやってくるときの匂いを思い出してみる。

 

湖を歩いたり、丘をのぼったり、砂に焼かれたり

夜明け前の真っ暗な森に車を走らせたり。

移動すればいつもの風を感じるだろう。

 

シャツのあいだに、こころの奥に

風が入ってくる。

いつでも大気はとまらず揺れ動いているものだ。

 

 

 

「ここ」で生きることを想う。

目の前にあるものをつぶさに観察し、愛しみ

時には立ち止まることで。

 

あるいは、想像という

目に見えない雄大な景色にアクセスする。

「ここ」の解像度は上がっていく。

 

いま、ここで暮らす自分を励まし

いつかのここを守ってゆこう。

 

ボクたちは、

誰からも何からも縛られないものを

もっているから大丈夫なんだ。

 

魂がはっとするぐらいに

思考の翼を広げてみせよう。

 

生きる手触りを確認して、

あの景色に重ねていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

The summer breeze blew.

I try to remember what it smells like when good things come.

Walking on the lake, up the hill, burning in the sand.

Or drive into the dark woods before dawn.

If you move, you’ll feel the usual breeze.

Between the shirts, in the back of your mind

The wind is coming in.

The atmosphere is always in constant motion.

I think about living in the “here”.

We observe the things in front of us and love them.

Sometimes it’s by stopping.

Or by imagining.

Access to the unseen majesty of the landscape.

The resolution of the here increases.

Encourage yourself to live here and now.

We’ll protect this place someday.

We’re not.

Something that is not tied down by anyone or anything.

It’s okay because I have it.

My soul is taken aback.

Let the wings of your thoughts unfold.

Check out the texture of life.

I’m going to layer on that view.

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です