光を食べた色
抽象風景, 随想

光を食べた色

 

dsc_1542_slkp1

 
紅葉の季節になると

光と色の質感を視ている時間が長くなる。

 

頰を撫でる冷たい北風と

雲の切れ間から溢れる暖かな太陽光が

これから来る色のない冬の時間を前に

わたしたちに暖色の美しさを

喜んで伝えてくれているように感じるのだ。

 

淡い赤、濃厚な橙、透けるような黄色、

情熱的な赤

さまざまな色彩は全て光の色。

 

 

自然界の恵みをありがたく頂戴し

光を愛でる季節だ。

 

 

普段はシンプルなモノクロームや

どちらかといえばブルーがかった寒色系が好みのわたしでも

紅葉の季節だけは、つい

豊かな暖色の空を見上げてしまう。

 
 
京都のお寺へ撮影へ訪れた際、

住職さんが手にザクロの実を持ってこんなことを話してくれた。
 
 
「今年のザクロ、すごく甘いですよ。

夏の光が良かったかも知れません。
 
果物は光を食べて成長するから

美味しい光をいっぱい食べた年は

甘くて濃厚な味になるのでしょうね。」

 

そう微笑むと、おひとつどうぞ、と

わたしの手に真っ赤に実ったザクロをくれた。
 
 

夏の日差しが強く、その後の雨量も多かった年の紅葉は

赤みが深く鮮やかだ。

 

 

真夏のうだるような暑さが

まるで上手くできた幻のような出来事のごとく

 

急激にやってくる朝晩の冷えも

紅葉の色彩に関係していると聞いたことがあった。

 

 

これが、急な冷えもなく穏やかな暖かい日のままだと

その年の葉の彩度は低く

鮮やかさに欠け、景色も濁って映る。

 
今年は本当に美しい、と京都の住職さんがおっしゃった年の撮影は

手がかじかむほど冷える日だった。

 
 
「果物の色は美味しい光を食べた色」

この言葉を聞いてからわたしは

暖色の季節を写真におさめるとき

色と光の関係性を大切にするようになった。

 

 

 

本来、紅葉景色は色彩を愉しむもの。

 

純粋に、「わあ、きれい」と感動すればいい。
 

けれど、それを写真におさめると

どこで誰が撮っても同じような写りになってしまいがちだ。

 

 

つまり、情景や色彩ばかりに頼ってばかりいると

そのとき、どこにどう心が動かされ、

何に美しさを感じたのか伝わりづらくなるのだ。
 

だから、色だけではなく

光の質を見抜くことが大切になる。

 

 

きれいだと思った印象はそのまま

レンズ越しに見たときの光の入り方や

 

どのように光が当たっているのか

どんな質感なのかを吟味しながら

時間をかけてシャッターを切るようになる。
 

そのときの光と色が奏でる色彩を前に

空気の冷たさも乾燥する頰も、

眩しい逆光も、それらが全部複雑に絡み合って

わたしの目の前に現れていることを実感するのだ。

 

空に透ける葉脈の形状や

赤い葉にうっすらと残る雨の雫の跡に

きれい、を感じたとき

美味しい光を食べたような幸せな気分を味わう。
 
 
愛でることに集中する時間が好きだな、と思う。

 

 

実を言うと、写真家は

わたしをはじめ紅葉写真など興味がない人が多い。

 

 

美味しい光で充たされて

お腹がいっぱいなのかも知れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STAFF募集中
STUDIO Mでは、撮影スタッフを募集しております。
詳しくはこちらまで▶︎http://www.maquiphoto.com/staff

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5EPZL9

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です