Model: 心月 mituski

 

 

IDEA という言葉を使うようになってからしばらく経つ。

 

古代ギリシア、ソクラテスの思想を継いで

「イデア論」を説いたのは哲学者・プラトンだった。

 

恐れ多くもわたしは、古の美的センスに心を動かされ

イデアという表現でクリエイティブワークをしていた。

 

イデア論とはなにか?

 

わたしたちが生きる感覚的世界とは

別次元に存在する真実の世界であり、

そこには完全なる「美」そのものが存在する、それがIDEA。

 

現実世界では、なにひとつ決定的な美というものはなく、

すべての事物にIDEAが断片的に見え隠れするからこそ

美しいと認識されるという。

 

プラトン曰く、

世界観では、人間の領域を超えた大いなる彼方に

美のイデアという揺るぎない正解があり、

その要素を多く持っていればそれだけ美しいとされる。

 

そもそもなぜ人間は美しさを感じるのだろうか。

 

プラトンがこのイデア論を説いて2000年以上。

世界はボーダーレスであり正解も解決法もなにも存在せず、

そこに意味さえも持たず、

これまで疑いようのなかったあらゆる境界線が揺らぐ

曖昧で複雑な時代にわたしたちの時間がある。

 

 

多様性という言葉が流行って幾年か過ぎた。

危うく、曖昧で、不確実な

既存の価値観や美意識が脆く崩れ落ちつつある世界で、

あらゆる美の可能性に取り囲まれて戸惑うわたしたちは

哲学者たちに想いを馳せてイデアとは?と問いかける。

 

それは本当ですか?と。

 

 

 

IDEA ART BOOKS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です