アーティストのためのエッセイ講座「IDEAの探し方」Vol.02
IDEAの探し方, 出版事業

アーティストのためのエッセイ講座「IDEAの探し方」Vol.02

 

 

______________________________________________________________________

アーティストのためのエッセイ講座「IDEAの探し方」

______________________________________________________________________

 

 

 

Vol.2 言葉を組む

 

 

「IDEAの探し方」は

アーティストの自己表現がお手伝いできますよう

文章表現を学んでゆく連載コンテンツです。

 

 

前回は、みなさま共通の課題

「どうして書き続けることができないのか?」

について経験値でお答えさせていただきました。

 

おさらいしたい人はこちらの記事をどうぞ>>> Vol.01  なぜ書き続けられないのか?

 

 

 

文章を書く上で一番の壁

「続けることができない」その原因をお伝えしました。

 

これは案外、ひとりではなかなか気づけない視点なので

もう一度お伝えしますね。

 

あなたの表現活動を強化したくて、テキストを書いて発信していても

それが続かないのは

 

「きちんとしたテーマがない」か

 

「あなたの方向性に合っていない」

 

かのどちらか、だということです。

 

 

 

揺るぎないテーマを

 

 

 

もしかしたら、ここで疑問が出るかもしれません。

 

テーマなどなくても文章は書けるし、表現も出来る。

長い文章は読まれない風潮のなか

簡素な言葉で情報だけが伝えられればそれでいい。

 

毎回書くことが違うから、その度に資料を読んで

その時々に感じたことを書けばなんとなくまとまる・・・

それなのにどうしてテーマが必要なの?

 

と、思う方も少なくありません。

 

 

けれど、あなたはそのような場当たり的なスタイルを

1年、2年続けられるでしょうか?

 

もしかしたら、ご自身の中で揺るぎないテーマがなかったから

持続できなかったのではないでしょうか?

 

あなたの文章は、本当にお届けしたい人へ

ベストなタイミングでお届けするために

丁寧な気持ちで書きたいはず。

 

それなのに、根本が整っていなければ必ずまたリバウンドします。

 

 

わたしもこの悪夢をずっと経験してきました。

 

わたしは天才的な文豪ではありませんし

努力なしでクリエイティビティが溢れるほど

アーティストの才能を持て余しているわけでもありません。

 

ですから、スポーツの基礎運動のように

コツコツと日々の訓練と作業を積み重ねながら

自分のテーマやその関係について考え続けています。

 

これをお読みになっているあなたは

 

「そんなことをいちいち考えていたら自分らしい感性で書けない」

とおっしゃるかもしれません。

 

けれど、もうひとりのあなたが

実はテーマに相当するモヤモヤとした何かが

頭の中にあることを知っているはずです。

 

 

あえてそれを言葉に置き換えず、

自由に書くこととテーマを決定できていないことを

混同しているかもしれません。

 

でも、実際にはそのモヤモヤした「なにか」にひかれて

無意識に書き続けているのでしょう。

 

 

文章で作品の価値を届けるには

その「なにか」を言語化することが大切です。

 

それにより、あなたが表現したいものを意識しやすくなり、

言葉や表現を選び取れる。

 

強い中心軸があるからこそ、どんな切り口からでも

写実できるようになり

それがあなただけの世界観となって行くのです。

 

だから、

「あなただけのテーマを決める」ことが最優先。

 

これだけでロングランを構成する文章が書けるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「じぶんをメディア」に出来る時代 どう発信するか

 

 

 

 

誰にも真似のできないテーマを発信してゆくことは

写真やイラスト、絵画、クラフト創作など

あなたが好きなジャンルで輝きつづけるための

セルフブランディングができるのです。

 

 

画一的でマニュアル化した文章を変えたい

自分らしい感性で書きたい

書き続ける方法を見つけたい

 

 

「IDEAの探し方」では

そう思っているアーティスト思考の方たちに

文章表現の基礎や、世界観を極めるための方法をお伝えしています。

 

あなたが今、自分の表現がうまく伝えられないと葛藤しているのであれば

さまざまな角度から言葉を意識することはとても有効なことだからです。

 

 

逆に、いまの文章や「場当たり的に書く日々のブログで満足」

している人にとっては、

「あなたらしいテーマ」など掘り下げる必要はないかと思いますので

これ以上お読みになる必要はありません。

 

堅苦しいことを考える時間があったら

単なる趣味として書くことを楽しめばいいのです。

 

この「IDEAの探し方」を学んでも

嘘くさい手ほどきのようになってしまうので

これまでどおり自由に好きに書いてくださればと思います。

 

 

すべての人が「じぶんをメディア」に出来る時代。

この流れを見逃さずに表現能力を磨きたい人へ

情熱をこめてお届けしてゆきます。

 

 

アーティストのための文章表現「IDEAの探し方」

次回は、ロングランで書きつづける時に必要な

全体的な統一感についてお伝えします。

 

 

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会員制コミュニティサイト「日々是写実」が

【美術コミュニティ マルグリット-Marguerite-】との共同配信となりました!

日替コンテンツを毎日配信 詳細はURLをクリック→ http://masausa-art.com/invitation1/application/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5EPZL9

One thought on “アーティストのためのエッセイ講座「IDEAの探し方」Vol.02

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です