感覚派のみなさまへ捧ぐ「五感Café」はじまりました。

 

このコーナーは、現代人にとって大切な《感性磨き》について

わかりやすく読み解いてゆきます。

ぜひお役立てくださいませ。

 

内容は、わたしが女性写真作家として生きてきたなかで

現在の作品作りやライフキャリアの軸となっている「五感表現」。

 

みなさんが現在、自然に身についている「感覚」は

なにを大切にし、どう感じ、なにを美しいと意識しているのか?

につながってゆきます。

言い換えれば、《生き方そのもの》です。

 

あなたのライフキャリアがより向上するために

五感表現のヒントをお楽しみください。

 

今回はそのプロローグ

早速はじめてゆきましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「感じる、ってどういうこと?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そんなご質問をよくいただきます。

絵画や映像、音楽、抽象から具象アート、

どのような表現であっても「感じたことを現す」のが

わたしたち人間の才能です。

 

言葉では現せない領域にある、うっとりとした感覚世界を現したとき

表現者も、受け取るひとも、おたがいの感度が高まります。

 

それなのに、感じることをサボったり

そもそも「感じるという感覚」が

どういうことなのかわからないというのは困った現象です。

 

仮に、感度がよくないというのであれば、

それは同時に、しあわせを感じることや、その質、量も

薄くなってしまうということなのです。

それはなんだかもったいない気がしませんか?

 

「しあわせ」の他にも「美しさ」や「楽しさ」を感じるのも好きですよね。

 

それらは、ひとを気分良くさせ、体もリラックスし、

相乗効果でポジティヴな思考になれます。

逆に、気分がリラックスすることうまく感じられないと

創作力も欠けてしまうもの。

 

つまり、感覚的なことだけでなはく日々の生産性も低くなり

仕事のタスクの量も質も落ちやすくなる、

という残念なことが起きやすくなるのです。

 

これは困りますよね?

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

感じるスイッチをON

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたに思い出して欲しいのです。

わたしたち人間は、生まれたときからずっと

“無意識に感じている生きもの” であることを。

 

ですから、「感じることがわからない」という人は

きっと、このスイッチのボタンを忘れているか、

見つけてもどうしたらいいのか

具体的にわかっていないだけなのです。

 

いつまでも輝いて、内面も美しくしたいのが人間の本能

 

「五感Cafe」では日々の時間のなかで忘れかけてしまった

感度アップのためのヒントをお話して行けたらと思っています。

 

具体的にいうと

・日常のスキマ時間でできる《五感ノート》

・理想的なライフキャリアのつくり方

・苦手意識から解放するセルフトリートメント

・歓びとしあわせをベースに表現する生き方

 

などなど、、鋭く楽しく感度フル解放!でお届けします。

 

感度を育てるために大切なのは、あなたの純粋性。

ノイズを無くし、さまざまな世界に触れることで

新しい発見や気づきに出逢い幸福度の高い表現者でありたいですね。

 

「五感Café」は、あなたの「感じる才能」へ

お役に立てますよう応援しています。

 

 

 

 

 

 

IDEA ART BOOKS

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です