わたし達は過去の体験や記憶等によってたくさんの価値観や無意識のルール、信念を持っている。

その思い込みはさらに条件づけを生む。

無意識の条件づけというのは、AからBになるためには、

これとそれとあれもしなければいけないと言う世界への制限のことだ。

 

本当はそのような制限は必要などなく、無条件になりたい存在になれる

あるいは理想の現実を生きて良い。

けれど、条件付きが強い状態にあるとそれを許可することができない。

 

無意識の条件付けを外すことができないと人は、無駄な労力を使おうとしたり、

わざわざ遠回りな道を選び、苦労する選択をしているようだ。

かく言うわたしもかつてはそう言うタイプの人だった。

 

謎の条件付けを見つけるためには、

自分がなかなか達成するのが難しいと思っている理想や未来、望む姿

願っている現実などを通して見えてくる。

 

本当は、クリアしなければいけない課題をたくさん持つ必要はない。

すでに条件は揃っていて、

今、常に必要なものは全て整っており

それらが渾然一体となって循環しているだけ。

 

植物はその原理原則をストレートに教えてくれる。

わたしの部屋で生きたバラ達に無条件に降伏した5月の午後。

 

 

 

We have many values, unconscious rules and beliefs based on our past experiences and memories. That assumption leads to further conditioning.Unconscious conditioning is a restriction that says you have to do this and that and that in order to get from A to B.The truth is, there is no need for such restrictions, it is okay to be a being who wants to be unconditionally, or to live an ideal reality.

However, I can’t allow it if the conditional is in a strong state.When people are unable to remove their unconscious conditioning, it seems that they try to use unnecessary effort, deliberately take the long way around, and make painstaking choices.

In order to find the mysterious conditioning, it is seen through the ideals and futures that you find difficult to achieve, the picture you want, the reality you wish for, etc.The truth is, you don’t have to have a lot of challenges to clear.The conditions are already in place, everything you need now and always is in place, just in circulation.The plant teaches its principles straight up.

The May afternoon when I surrendered unconditionally to the living roses in my room.

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です