テーマの見つけ方

 

ワークショップのご質問で多いのは

「テーマをどう見つけたらいいか?」

「どこから発見するのか?」というもの。

 

テーマとは主題であり写真で何かを表現するための目的や目標となったり、

作品の性格や統一感を決めるものです。

とはいえ、テーマ探しで頭を悩ませることなく、

いきなり撮ることから始める人がほとんどだとお聞きします。

もし、これを読むあなたがその場合、

撮った写真の中から共通点を見つけ出して言語化すると

潜在している深い部分でのテーマが見えてきます。

これは、繰り返すことによってより制度が高まります。

テーマとなる言葉がすぐに思い浮かぶこともあるし、

「ステーメント」と呼ばれる文章をまとめながらテーマを導きだすこともできます。

 

同時に、ジャンルや被写体優先の写真からは

ありきたりのテーマしか出てこなくて気分がパッとしない

と言うこともあるかもしれません。

それでは、あなた自身だけの世界観が表現しにくいし

他の人の作品を差別化を図りにくくなってしまいます。

もちろん、カメラ機能や撮影テクニックなど

スキル優先の写真の場合も同様です。

もうこの時代はとっくになくなりましたね。

 

オリジナリティを出すために海外など特別な場所へ行ったり、

珍しい被写体や民族部族、風景などに目を向けるケースもあります。

ただ、今の世の中でそれらは既に撮り尽くされている場合がほとんどだと言うことも

誰もが知っています。

もう、見たことのない景色などないのです。

 

つまり、物理的な距離も物質も

作者が思っているほど目新しさは感じられないもの。

特別だと思っているのは自分だけだったりするので

モチーフを選ぶときにはしっかりをリサーチすることをお勧めします。

 

ではオリジナリティとはどうやって出せばいいのか?

 

作品の独自性をだし、表現力を効率よくアップするためには

テーマやステーメントを先に考えてから撮影するといった

意識部分を一変することが効果的だとわたしはお話ししています。

 

人間の内部、その人だけの意識やキーワードは

たとえほかの人と同じモチーフを選んだ場合でも

テーマやコンセプトにオリジナリティがあれば

あなただけの表現が可能になるのですから。

 

加えて、オリジナリティという点では

テーマやモチーフを自分の近辺エリアや

身の周りから見つけるのがおすすめです。

女性のセルフポートレイトがそうであるように

自分と関係のある身近なところからアプローチした方が

作品づくりにおける試行錯誤に対して果敢に取り組み続けられるから。

 

その産みの苦しみこそが豊かな意識になり

あなたのイマジネーションそのものなのです。

 

 

 

 

 

IDEA ART BOOK

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です