目のまえの現実を写真におさめヴィジュアルで共鳴していくことは

ときに、言葉では表現できないパーソナルで情緒的な官能がこめられた

直感の世界で生きるようなものだと思います。

ここから受け取ったメッセージは

脈略ないアイデアとイメージの断片として

わたしのからとめどなく溢れでる。

そうやって日々を過ごしていく中で

立ち現れて消える曖昧な輪郭を忘れないうちに

すくい取る感覚でイメージに残していくことの繰り返しです。

わたしの日常に現れる瞬間を拾い集めることで

ありとあらゆるイメージが対話し

無条件にゆだねられ、語れ、

なにもなくてもゆたかでいられるのだと感じています。

 

 

 

For visual resonance to you I drew my reality.

Sometimes I can not express in words

Personal and emotional sensuality
I think it is like living in the world of intuition.

The message from here is As a fragment of heartwarming

thoughts and imagesIt is endlessly full from mine.

How to spend daily,Remember the vague outlines

that appear and disappear

In the sense of scoop It is a repetition of leaving in the image.

By picking up the moments that appear in my daily life
All kinds of images interact,

Commit unconditionally, talk,
I think you can feel safe without doing anything.

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です