2015.12.07 akane-4p

 

 

 

前回は、

カメラは光を写すもの、写真は光で描くもの、とお話ししました。

 

そして

 

カメラは、「シャッター」と呼ばれる装置があり、光を遮断しているということでした。

 

 

その「シャッター」は、ちょうど人間の瞼(まぶた)のように

閉じたり開いたりして光の量をコントロールすることができる

 

とお伝えしましたね。

 

ここまでご理解いただけたでしょうか。

 

 

それでは、つづけて【理論編 2回目】も

この「露出」について解説してゆきます。

 

 

 

露出で変わる光の量とは

 

 

 

いままでのご説明通り

《光をコントロールするには露出を覚える》ことになりますが、

これは、さらにシンプルに覚えることができます。

 

その方法とは・・・

 

カメラは、受ける光の量が多いほど明るく写る」と覚えること。

 

 

これさえ理解していれば、どんなシーンでも対応することができます。

 

 

「受ける光の量が多いほど明るく写る」

 

つまり、これは逆に言えば

 

受ける光が少なければ暗く写るということです。

 

 

 

 

同じ部屋にいても、明るい日差しが入る窓側と

あまり光が入らない壁側をイメージされるとよいでしょう。

 

 

たとえば、

はじめて訪れたカフェの店内・・・・

 

日差しがとどく窓側と、陽の当たらない壁側では

その時、その場所で受ける光の量はずいぶんと違います。

 

このカフェで1時間過ごした時の「光の総量」を想像してみると

さらにイメージしやすくなります。

 

カメラ内部もシャッターで置き換えて考えると

明るい窓辺で過ごした「光」と

壁側で受けた「光」の量の違いということになります。

 

シャッターを開けている時間が長いほど、

長い時間光を受けるため、受ける光の量が積み重なって多くなります。

 

 

肉眼では見えない「光の粒子」は、

このように量として考えることができるのです。

 

明るい、暗い、という言葉にはこのような意味もふくまれています。

 

 

 

 

 

 

04p

 

 

 

 

それでは、水とコップでよりわかりやすく考えてみましょう。

 

 

 

ここでは、光のことを=「水」に、コップを=「撮像センサー」、

蛇口を=「シャッター」としてイメージしてください。

 

 

 

水(光)を、コップ(撮像センサー)に貯めていくとします。

 

水は、蛇口(シャッター)を開けると出てくるので、

コップ(撮像センサー)を光で一杯にするには、

蛇口を開けてしばらく待ってから蛇口を閉めます。

 

 

そして、光満タン!にコップに水が一杯になれば完成です。

 

 

 

 

 

05p

 

 

 

 

上のイラストをよく見てください。

 

蛇口を開けておく時間によって、コップに貯まる水の量が変化します。

 

 

蛇口を開けておく時間が短いと、コップ一杯の水の量はより少なく、

逆に開けておく時間が長すぎるとコップから水があふれてしまいます。

 

 

 

この蛇口を開けておく時間を、シャッター速度 」と呼び、

 

シャッター速度が10秒であれば、10秒間蛇口(シャッター)を開けるという

意味になります。

 

 

2015-02-14 13.30.46p

 

 

 

 

光の強さと量を「段」と呼びます

 

 

 

電球などで、ルーメン、ルクス、ワットといった単位を

見たことがあるかと思います。

これは、電球から発する光の総量の名称です。

 

200lumen、100ワットと呼んで

光の明るさを「イメージ」ではなく数式で規定しているのです。

 

 

これと同じように、写真の世界では

光の強さや量をさまざまな値で表現しています。

 

 

シンプルな光の強さや量が、「2杯」や「半分」になる違いのことを

「1段」と呼びます。

 

詳しいお話しは絞り値や露出計を使う場面でご説明しますが、

まずは、ここのまま理解してしまいましょう。

 

 

 

 

06p

 

 

 

 

 

写真の世界では、多くの専門用語がありますが、

この「段」という単位も非常によく利用されるので

必ず覚えておいてください。

 

 

絞りを一段あげる、下げる、などと言いますので

その時はこの回で出てきた電球の「ルクス」と同じような解釈です。

 

 

《LV=光の強さ、量》

 

これは、いまの段階ではすべてを頭に入れる必要はありません。

 

カメラの世界の「共通用語」として理解していただければ十分です。

 

 

 

そして、露出については、今回のイラストにあった

《コップと水、蛇口の関係》をイメージして見てください。

 

 

この考え方も、今後なんどか出てきますので

この機会に覚えてしまいましょう。

 

 

 

光の強さ、その量、時間・・・

 

これがイメージできていれば写真表現の第一歩をマスターできています。

 

 

aka04-156p1

 

 

それでは、

露出による写真の《明るさの違い》をご説明してゆきます。

 

 

なぜ、明るすぎ、暗すぎな写真になってしまうのか?

 

上手く撮れる時と、満足いかない時の

その決定的な原因はなんでしょうか?

 

 

次回、詳しくお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です