耽溺寫眞 理論編 4 露出を左右する光の量とISO
写真論, 耽溺寫眞

耽溺寫眞 理論編 4 露出を左右する光の量とISO

 

 

2015.12.07 akane-4p

 

 

 

光の強さで露出時間は変化する

 

 

これまでの露出については「露出を理解する」 「適正露出の考え方」をご覧ください。

 

 

前回は、白トビや黒ツブレに関する考え方をお話ししました。

 

そして、何度も出てきている「適正露出」という意味のなかでは

《正解はない》ということもお伝えしています。

 

カメラは像をとらえて正確に記憶する精密機械ですが、

その時の光を読んでシャッターを押すのはわたしたち人間にかかっています。

 

写真表現とは、いかにカメラという機械を多用して

「光を操って描く」かどうか?

 

なんとなくおわかりになってきたででしょうか。

 

 

それを踏まえて今回から、

写真を撮るときの「露出」についてさ、らに理解を深めてゆきます。

 

 

まず、はじめに《光の量と、その光を露出している時間》についてです。

 

 

 

露出を決めるのは、シャッター速度だけではありません。

水とコップの例で表現してみますので、イラストを参照してください。

 

 

 

 

 

011

 

 

 

 

 

 

そこに当たっている《光の強さ》を《蛇口の大きさ》

として考えてみてください。

 

 

蛇口(光の強さ)が小さければ、一度にコップに入る水の量も少なくなります。

ですので、コップ一杯になるまで時間がかかり、

シャッター速度(蛇口を開いている時間)は長くなります。

 

 

反対に、蛇口(光の強さ)が大きければ

一度にコップに入る水の量も多いということになります。

そのため時間がかからずに、すぐにコップが一杯になります。

 

 

つまり、シャッター速度(蛇口を開いている時間)は短くなるということです。

 

 

このイメージはおわかりいただけますか?

 

 

つまり、短い露出時間で撮影するためには

《強い光》=たくさんの量の光が必要で、

 

逆に《弱い光》=少ない量の光で撮影するには

長い露出時間が必要ということになります。

 

 

 

光の強さや量というのは、実際に肉眼では捉え切れませんが

 

わたしたちが日頃生活している明るいと思う室内の光の強さは、

太陽光の下と比較をすると、実は 何10倍〜何100倍以上も違いがあります。

 

 

たとえば、太陽光の下で写すのに露光時間が 0.5秒必要だったものを

明るい(と感じている)室内で撮影してみると、

2分以上も必要になってくる計算になります。

 

 

 

 

ISO 感度を理解する

 

 

 

撮像センサーの感度で露出時間は変化する

 

 

では、つづけて

蛇口の大きさではなく、今度は《コップの大きさ》を変えてみましょう。

 

 

 

 

 

013

 

 

 

 

 

コップ(=撮像センサー)が大きければ

コップが一杯になるまでたくさんの水が必要でした。

 

つまり、時間がかかるということを意味するので

シャッター速度(=蛇口を開いている時間)は長くなります。

 

 

コップ(撮像センサー)が小さければ

コップ一杯になるまでに必要な水は少量です。

ですからシャッター速度(蛇口を開いている時間)は短くなり、

時間がかかりません。

 

 

 

ここで思い出して欲しいのが《撮像センサー》です。

 

撮像センサーは光を受けて画像を作りますが、

 

「画像を作るのに必要な光の量」は

撮像センサーごとに調整することができる仕組みになっているということです。

 

 

 

感度の低い撮像センサーは、画像を作るのにたくさんの光が必要ですし、

反対に感度の高い撮像センサーは

光の量が少なくても画像を作ることができます。

 

 

ここにいて受ける光、その光の量、強さをイメージすると

「時間」に似ているかもしれません。

 

 

この時間のような、撮像センサーの感度のことを

写真の用語で「ISO 感度(イソ感度)」と呼びます。

 

 

ISO 感度(イソ感度)とは、

「撮像センサーが画像を作るのに必要な光の量を示したもの」となるのです。

 

 

 

これはつまり、「感度を高くすれば、

短い時間の露出で画像を作ることができる」ということです。

 

 

そのような撮影を「高感度撮影」と呼びます。

 

暗い場所などに使用されていますし、市販のカメラでもISO800以上だと

高感度と認識しています。

 

 

先ほど述べたように生活している室内は、わたしたちの予想以上に

光の量が少なく、暗い場合が多くあります。

 

そんな時に、高感度撮影ができると手ブレや

シャッタースピードの心配がなく撮れるのは大きなメリットです。

 

 

ここで覚えておきたいことは、この《高感度撮影》のデメリットの要素。

 

それは、「ISO 感度を高くするほど画質が劣化する」という点です。

 

 

暗いところでも感知をして露出時間を短くすることができるのが

高感度撮影の良さなのですが、

 

これは、作例のように画質が良くないため「商品撮影」など、

ディティールを見せたい場合には不向きとなります。

 

 

DSCF2529_SLK1
低感度ISO100で撮影した場合。クリアで繊細な画像となります。

 

 

 

DSCF2529_SLK1p
手ブレを自動で制御してしまうと、ノイズが入り画像の質が落ちる場合もあります。

 

 

 

 

高感度撮影は、短い露出で撮影できるため手ブレを抑えるためにも

非常に使い勝手が良いですが、

 

同時にコンデジや携帯電話のカメラなどすべてにおいては

自動で「ISOオート」になってしまうということを覚えておいてください。

 

 

 

“自動撮影モード”を使うと、室内などで撮影する場合、

カメラ側で手ブレを抑える機能が働きます。

 

ですので、自動的に高感度撮影に切り替わり(ISO オート撮影)、

意図しないノイズが入り、写りの悪い画像になってしまうという

デメリットがあるのです。

 

 

このノイズや画質の低下は、カメラの機種にとよっても違いはありますが、

概ね《自動撮影モード》という設定の場合にこうなります。

 

 

室内などの太陽光下と比較して、暗い場所で撮影すると、

「自動撮影モード」では美しく撮りづらい

という点を覚えておくといいでしょう。

 

 

 

 

 

aka04-328p

 

aka04-321p

 

 

これを避けるためには、コンデジや携帯電話のカメラなどの

「ISO オート撮影機能」を、解除するように設定をしてみてください。

 

このように、せっかく撮った写真が手ブレをして

残念な結果になったことがある方は

 

「なぜブレてしまったのか」

その原因を考えたことはありますか?

 

写したいものがブレてしまうのもまた、

「露出」と関連しています。

 

 

次回はブレのお話しや「露光時間」について詳しくお伝えします。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5EPZL9

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です