STUDIO M
写真論, portrait

STUDIO M

 

 

 

 

 

 

Model : mitsuki

 

 

スタジオの夢を見た。

 

四角い空間から発光するたくさんのフラッシュが

攻撃するように白く瞬く。

 

眩しくて目を閉じる。

 

あたりが静かになってゆっくりと薄目を開けると

今度は真っ暗でなにも見えない。

 

すると半透明の柱のような物体が

内側から鈍い光を放ってゆらゆらと揺れ動き出す

 

巨大ゼリーみたいだ。

 

 

透明な揺らめきは、水に潜って空を見上げた時に見える

光の屈折したプリズムにそっくりだった。

 

 

とろけるような気だるい光の揺らぎが、

流れる川のように壁にそって目の前で発光している。

 

 

それは、曲線を描いて上下に揺らめいたと思うと、

外気に触れたとたん閉じて白っぽく濁る。

 

 

半透明の塊は、なにかを分泌しているかのように

ゼリー状の表面をゆるやかに震わせて波立っている。

 

 

少しすると表面がオブラート状になって薄くめくれ、

軽やかなベールとなってひらりと舞いあがり

 

光を撒き散らしながら

艶かしく空気中に広がってゆく。

 

 

 

ゾクゾクした。

 

 

光の布に包まれたい誘惑と

このベールを纏ったら、もうどこにも逃げ出せないという

理由のない恐怖が生まれた。

 

 

同時にわたしは、目の前に揺らめく官能的なベールに

心を奪われてしまった。

 

 

離れがたく、立ち止まってじっと見てしまう

 

そんな感覚に浸る、脳が痺れてゆく快感。

 

 

 

悦楽という言葉があるとしたら

 

この時、たしかにわたしの中に

新しくインプットされた悦びの種類があった。

 

 

 

今でもあの夢が忘れられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M5EPZL9

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です