最近のデジタル写真のカクカクとしたノイズを感じるようになって

こころの中のざわっと感を消したくなる時がある。

 

ただ、中判デジタルだけは好きだと感じる。

 

空気感、温度、光の粒子を閉じ込めるポテンシャルを拾い集めて

どこまで自分の感性を遊ぶことができるのか、

そんな終わりのないゲームをし続けている浮遊感が好き。

 

まつ毛に注がれるオブラートみたいな光の映りに驚くくらい

すべての「時」を持ち帰ってくれる純粋さが好き。

 

 

 

 

 

 

Model:心月mituski

 

 

 

 

“the Oblate” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です